口コミで選ぶ!激安処分、日時指定OK、安心丁寧の不用品回収業者人気ランキング

エリア別ランキング

粗大ごみ回収業者
人気ランキング

contents

粗大ごみを処分する様々な方法

人気の粗大ごみ回収業者

  • 片付けサポーター
  • チャレンジ
  • クリーンネットワーク
  • エコピット
  • 片付けエコデュース
  • マルケイ回収
  • 東京ライフパートナーズ
  • マックスパワー
  • ワンナップ
  • リサイクルBoy

粗大ごみの処分費を安く押さえるコツ

粗大ごみの処分費を安く押さえるコツ

粗大ごみ回収を処分するだけで「えっ?こんなにかかるの!」と驚いた経験はありませんか。
行政に頼むより業者に頼む方が手間が少なく便利とはいえ、なんでも頼むと金額も膨らんでしまいます。捨てるものだからできれば費用は押さえたいもの。元粗大ごみ回収業者を経営されていた方に回収費用を値切るコツを聞いてみました。

その1:問合せ段階の見積もり
粗大ごみ回収業者へ問合せする前に、処分しようと思っている粗大ごみの次の情報を整理してみましょう。情報が整理されていると、大体の処分費用が明確になり、オプションでどんなサービスがあるか、どんなときに加算料金が発生するかの情報を引き出しやすくなります。
一般的に、マンションの階段などを使う場合、階数によって料金が加算されたり、必要な作業スタッフの人数や仕事量、粗大ごみの処分量によって料金が決まります。駐車スペースがなく遠くまで運ぶ必要がある場合にも料金がプラスになります。ほとんどの場合、電話問合せ時のオペレーターには値引きの権限はないので、値引き交渉はスタッフを呼んで訪問時に行いましょう。小規模の回収業者の場合で、電話応対に出た担当者が値引き交渉できる権限があるときは、下記の情報を元に交渉することもできます。

①粗大ごみの大きさ(寸法を測る)
②建物の何階から運び出すか
③エレベーターはあるか
④車をそばに停められるか


その2:安くするコツは業者の数を絞ること
初めて粗大ごみ回収業者を利用するときは、いくつもの業者から見積もりをとって料金を比較して一番安いところに頼もうとしがちですが、実は1社か2社に絞って問い合わせをして見積もりを依頼したほうが交渉が有利に進みます。なぜかというと複数の回収業者で相見積りされていることを知ると、業者同士でけん制しあって、料金を安くしづらくなります。
粗大ごみ回収業者の見積もりスタッフに「もっと安くしてくれたら相見積りしないで即決する」と交渉すると、相場より安く交渉を成立させる確率が高くなります。営業マンは、交通費をかけて時間を作って、訪問しているわけですから、その日に契約を取りたいと当然思っています。だから「即決する」「相見積しない」は、営業マンにとって一番弱い言葉です。「安くして!」と強く言えない人でも簡単にできます。お互いに話が早く、メリットがある方法です。
その3:複数の粗大ごみを同時に処分すること
業者によっては基本料金に加算して、粗大ごみの種類ごとに料金が加算されていくケースと、基本料金がかからず処分するごみの数の料金だけを取られるケースがあります。
基本料金の相場は3000円~5000円です。この金額に粗大ごみの単価と、エレベーターがない建物の場合の搬出費などが加算されるシステムが前者です。料金の内訳が明確なので、安心できますが、粗大ごみの数が多いと基本料金が固定で必要になる分、割高になります。後者のケースの場合は、基本料金がかからないのですが、ホームページなどで明確な料金が記載されていないことが多いです。

したがって、事前に見積もりスタッフが見積もりのために訪問したときに、きちんと処分費用を明確にしておく必要があります。そのときに、前述のような交渉術を使って粗大ごみの回収をお願いしていきましょう。粗大ごみの数が多いときには基本料金がかかる回収業者よりも、トータルでみるとお得に粗大ごみの引き取りを依頼することができます。粗大ごみの回収料金は各社バラバラで、細かく料金を設定していないこともありますが、見積もり時に処分にかかる費用を明確にしておくことが、トラブルを避ける鉄則です。事前にしっかり問い合わせ、見積もりを欠かさないようにしましょう!

TOPへ戻る

TOPへ戻る