口コミで選ぶ!激安処分、日時指定OK、安心丁寧の不用品回収業者人気ランキング

エリア別ランキング

粗大ごみ回収業者
人気ランキング

contents

粗大ごみを処分する様々な方法

人気の粗大ごみ回収業者

  • 片付けサポーター
  • チャレンジ
  • クリーンネットワーク
  • エコピット
  • 片付けエコデュース
  • マルケイ回収
  • 東京ライフパートナーズ
  • マックスパワー
  • ワンナップ
  • リサイクルBoy

引っ越しに伴う粗大ごみの処分

引っ越しするときにたくさん出てくる粗大ごみ。引っ越し先によっては輸送費をかけて新居にそのまま運ぶよりも粗大ごみとして処分してしまったほうが安いこともありますよね。それなら、引っ越しと粗大ごみ回収を同時に引っ越し業者にまかせてしまえば手間が減るのではと考えるでしょう。確かに手間は減りますが、処分費が割高になることを知っていますか?例えば、1人掛けのソファの料金を比較してみると、下記のようになります。
ソファ
【一人がけのソファーの処分代】
・引っ越し業者 3,150円~5,250円
・粗大ごみ回収業者 2,000円~3150円
・行政・自治体 600円、持ち込み300円

引っ越し業者の場合は、処分を下請けの業者に依頼しているので、引っ越し時のスタッフは同じでも粗大ごみの処分費用が高めに設定されています。大量に処分する場合には、粗大ごみ回収業者に依頼することで、交渉次第で回収費用を安めに抑えることも可能です。引っ越し時に粗大ごみの処理を合わせて行うときは、引っ越しと処分にかかる費用をトータルで考えることをお勧めします。

引っ越しギリギリまで使いたいものがあると困る

食卓テーブルやベッド・布団、照明など、引っ越し前日位まで使いたいものもありますよね。布団がないからと、引っ越しの前日はホテル暮らしをするなどというのは、現実的ではありません。引っ越し先に大型家具などを持っていけない等、布団などを粗大ごみで出さなければいけない状況にあると、ぎりぎりまで使いたいと思うでしょうが、行政に粗大ごみ回収をお願いした場合は、いつ引き取りにくるのか日時の指定ができないことが多いです。
また、自治体によっては直前の回収依頼をしてもすぐには対応してもらえず、回収日の1カ月前からの引き取り日を予約しておかないといけないというケースもあります(詳細は各自治体のホームページを参照)。

できるだけギリギリまで使いたいからと、引っ越し直前になって、粗大ごみの回収を依頼したときには、引っ越し当日の引き取りができず、引っ越し後数日経ってからの回収になることもあります。そうなると不便ですよね。粗大ごみの買い取りだけのために、仕事を休んだり、遠くの場所に足を運んだり…。粗大ごみ回収業者に依頼した場合には、あなたの都合のいい日時を指定して回収してもらえ、さらに業者のスタッフが部屋から粗大ごみを搬出してくれます。引っ越し直前のバタバタから解放され、搬出日の都合が付けられ、引っ越し直前まで物品を使えるというメリットがあります。

新居は新しい家具で生活をスタートしませんか

新しい家では、新しい家具で始めたいと思いませんか?でも、出費が多いときに家具の購入まで資金がないという場合もあるかもしれません。
しかし、大型の家具であればあるほど新居に運ぶ引っ越し費用が高くなってしまいます。一度大型家具を新居に運び住み始めてから、もう一度大型の家電製品や家具を入れ替えるには、再度後片付けが必要になり、部屋の模様替えなどを最初から行わなければなりません。また、搬出する際に解体が必要な大きさの家具の場合は、入れ替え時に解体作業が発生したり、大きな家具を移動するための入れ替え作業で新居の壁を傷つける可能性が高まるなど、要らない手間がかかってしまうこともあります。

もし可能であれば、買い換える予定がある古い家具や家電は引っ越しを機会に、粗大ごみ回収業者に引き取ってもらうなどして処分し、新しい家具を新居に搬入してもらうほうが面倒がなく、すっきりと物が新居に収まります。粗大ごみを処分するにはお金がかかり、処分するものが大きいと面倒に感じたり、処分についての手続きが煩わしく感じることがあるかもしれませんが、整理整頓する良いきっかけだと割り切って、この際一気に片づけてしまいましょう。新たな気持ちで新生活をスタートできますよ!

TOPへ戻る

TOPへ戻る