口コミで選ぶ!激安処分、日時指定OK、安心丁寧の不用品回収業者人気ランキング

エリア別ランキング

粗大ごみ回収業者
人気ランキング

contents

粗大ごみを処分する様々な方法

人気の粗大ごみ回収業者

  • 片付けサポーター
  • チャレンジ
  • クリーンネットワーク
  • エコピット
  • 片付けエコデュース
  • マルケイ回収
  • 東京ライフパートナーズ
  • マックスパワー
  • ワンナップ
  • リサイクルBoy

自分の現状に適した粗大ごみ回収の方法を選ぶ

自分の現状に適した粗大ごみ回収の方法を選ぶ

・処分のしにくい粗大ごみ
1人暮らしだとどうしても不用品の処分に困ってしまうことがあるのではないでしょうか。日常の可燃ごみや不燃ごみの処分に関しては、決められた曜日に収集してもらえるのでいいのですが、そのごみの収集では扱っていない粗大ごみなどの場合、どうしてもなかなか処分しにくいものです。
あまりものを持っていない場合であればいいのですが、物が多いとどうしても不用品も増えてしまう傾向になってしまいがちです。不用品が出た段階で処分していればいいのですが、いつか使うかもと考えてしまうといろいろと溜まっていってしまいます。
買い替えであれば、商品の搬入時に引き取ってもらうということもできますが、そうでない場合は、処分に困ってしまうこともあるのではないでしょうか。
・引越しの際にまとめて処分する
不用品引越しの予定があるのであれば、引越し業者に依頼することで、まとめて不用品を処分してもらうことも可能です。もちろん、これは、引越の見積もりの際に、不用品の処分もお願いしておく必要があります。業者によっては、後からお願いして回収してもらうことも可能かもしれませんが、車の手配や人の手配を考えると、引越しと同じタイミングでおこなってもらうほうが費用は安くなりそうです。もともと車や人の手配はされているのですから、処分にかかる費用だけで済むということになります。
その回収する品物によっては無料で回収してもらえる場合もありますし、買取を行ってくれる業者もあります。買い取ってもらえるのであれば、引越しの費用の足しにもなるので、かなり有効な方法ではないでしょうか。買取のない業者の場合、買い取ってもらえそうなものに関しては、引越し業者ではなく、リサイクルショップなどで買い取ってもらうという方法もあります。こうすることで、不用品も無駄になることなく引越しの助けになりそうです。
・自治体に処分してもらう
粗大ごみなどの不用品は、地方自治体で回収を行っています。事前に申し込みをして粗大ごみを処分してもらうことができるのです。処分が可能なものや処分の方法など、あらかじめ決まっているので、事前申し込みの際に確認したり、各地方自治体のホームページなどで確認しておくことが必要になります。
申し込みが完了すれば、その収集日に所定の場所に、回収してもらう粗大ごみを出しておけばよいのです。その際に、粗大ごみ処理手数料券といったものが必要になります。品目ごとに処理手数料が決まっていますから、必要な金額に対応した処理手数料券を購入して貼っておきます。それで粗大ごみを回収してもらうことができるのです。
また、粗大ごみの処理センターに直接持ち込むということ可能ですが、この場合も事前に申し込みが必要となります。ですが、運搬用の車も必要になりますし、ベッドなどの大きなものであれば、自家用車で運搬することは難しいですから、回収してもらうほうが手軽に処分が可能です。特に1人暮らしの場合だと、品物によっては積み下ろし自体が難しいかもしれません。
・回収業者を利用する
ひとりだとなかなか処分のできない大きな粗大ゴミですが、回収業者を利用することで簡単に処分することができます。基本的には自治体の回収と同じような感じですが、自治体に比べると、かなり融通が利くのではないでしょうか。
費用面では、自治体の行っているサービスと比べると、どうしても民間の業者の行うサービスのほうが割高になってしまいます。ですが、自治体に比べると、回収可能な品物が多くなっています。自治体の場合、粗大ごみが対象となるのですが、業者の場合であれば、粗大ごみ扱いとならない可燃ごみや不燃ごみも回収してもらえます。さすがに、生ごみは難しいかもしれませんが。
事前見積もりを申し込めば、指定の日時に見積もりに来てもらえます。もちろん、その出張見積もりは無料になっていますし、キャンセルをしてもキャンセル料が発生しない場合がほとんどです。
・不要品は全てごみというわけではない
不要品は全てごみというわけではない不要なものだからといって、全て廃棄処分するのがいいというわけではありません。なかにはまだまだ十分使えるものもありますよね。そういったものに関しては買い取ってもらうことを考えてみてもいいかもしれません。どんなものであっても、実はリサイクル品としての価値がある場合もあります。家電品なども当然、リサイクルショップなどで中古品として売られていますし、衣類も古着屋で販売されています。さすがに下着等は無理かもしれませんが、物によってはボロボロになったようなものでも価値がある場合もあるのです。
こういったショップで買い取ってもらえれば、不用品から多少なりとも収益が出ることになります。少しでもお金になるのであれば、廃棄してしまうのはもったいないですしね。
・使えるものは知人に譲ろう
自分にとっては必要のなくなったものでも、これから必要とする人もいるのではないでしょうか。例えば、これから1人暮らしを始めるという人がいれば、これからいろいろと揃える必要があります。その中で譲ってもらえるものがあれば、その人にとってはかなり助かることになりますよね。そんな場合は、廃棄せずに譲渡するのが自分にとっても、その相手にとっても嬉しいことですよね。不用品は簡単に処分できますし、必要なものが手軽に手に入るのですから。

TOPへ戻る

TOPへ戻る