口コミで選ぶ!激安処分、日時指定OK、安心丁寧の不用品回収業者人気ランキング

エリア別ランキング

粗大ごみ回収業者
人気ランキング

contents

粗大ごみを処分する様々な方法

人気の粗大ごみ回収業者

  • 片付けサポーター
  • チャレンジ
  • クリーンネットワーク
  • エコピット
  • 片付けエコデュース
  • >
  • マルケイ回収
  • 東京ライフパートナーズ
  • マックスパワー
  • ワンナップ
  • リサイクルBoy

まとめて処分するなら粗大ごみ回収業者がおすすめ

まとめて処分するなら粗大ごみ回収業者がおすすめ

粗大ごみの処分をするには
・粗大ごみを処分するいくつかの方法
粗大ごみは、通常のごみとして処分できません。そのため、なかなか処分するタイミングが難しく、押し入れや物置に溜まってしまうこともあるのではないでしょうか。
特に地域での廃品回収など、年に数回しかないですし、そのタイミングを逃してしまうと処分に困ってしまうことになりがちです。家族の誰かが常に家にいて、粗大ごみを出すことが可能であったとしても、その粗大ごみの種類によっては、1人では運べなかったりといろいろと不便なことも多いのではないでしょうか。
その粗大ごみを処分するにはいくつかの方法があるのです。大きく分類すると、自分で運ぶタイプのものと、回収に来てもらうものとの2通りに分けることができます。回収に来てもらうことができれば、力の無い方でも、重いものを処分することができますよね。
・価値のあるものなら
まだ、十分使えるものであったり、壊れていたとしても、他人からすれば利用価値があるものという場合があります。例えば、大型家電などを買い替えたりした場合、今まで使っていたものは不用品となるのですが、それを必要としている人もいます。そういった場合、インターネットなどでオークションにかけたり、リサイクルショップに売却することも考えてみましょう。
この場合、不用品を処理できるだけでなく、収入にもなるという利点もあります。最近では、スマホなどで簡単に売買が可能ですから、使わない手はないかもしれません。もちろん、全てのものに価値があるというわけではありませんから、特定の不用品に対しては有効な方法であるといえます。
・手軽に処分したいなら
大型家電など、買い替えの場合は、下取りをしてもらうこともできますし、業者に搬入してもらう際に、回収して処分してもらうことも可能です。ですが、買い替えではない場合は自分で処分しなければなりません。
簡単に処分をしたいのであれば、不用品の回収を行っている業者を利用するのも一つの方法となります。最近では、不用品の回収を専門に行っている業者もありますから、一度見積もりをお願いしてみるのもいいかもしれません。その見積金額で納得がいくのであれば、依頼をすることで簡単に処分をすることができるのです。基本的にすべての粗大ごみや不用品を回収してもらえるので、かなり便利ということが言えるのではないでしょうか。その分費用はかかってしまいますが、全て自分で処分することを考えれば、ある程度の経費は仕方がないですよね。
・安く処分をしたいなら
同じ粗大ごみや不用品を処分する方法でも、自治体のサービスを利用することで処分費用を抑えることも可能です。自治体ごとにルールは違っていて、回収が可能なものも違ってきます。また、事前に予約を行い、指定した日に処分場にその不用品を運ぶ必要はありますが、その不用品ごとの処分費用は回収業者よりは安くなっています。もちろん、運搬の必要がありますから、その分は安くないと意味はないですしね。
基本的に処分が可能になるのは、粗大ごみに分類されるものだけになりますから、全ての不用品というわけにはいきません。粗大ごみとならないものに関しては、通常の可燃ごみ、また、不燃ごみとして処分する必要があります。
・家電リサイクル法に注意
不用品を処分する場合、家電リサイクル法を考えなければなりません。エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機に関しては、古いものの場合、リサイクル料金が必要になるのです。これは、一律ではなく、メーカーや種類大きさによっても違いがあります。処分するには、家電リサイクル券を購入する必要があるのです。
エアコンなどの場合は、取り外しや取り付けといったことも必要になりますが、そういった工事等が必要でないものであれば、運ぶだけでそのまま使用できます。エアコンなどの場合は、譲渡ということはあまりないとは思いますが、リサイクルショップなどで販売されているように、中古での需要も意外とあるのではないでしょうか。
・いろいろな処分の方法を考えてみよう
ゴミ箱粗大ごみや不用品の処分にはいろいろな方法があるのですが、それぞれにメリットやデメリットがあります。自分が処分したいものを良く考えて最適な方法を選ぶようにすれば、最も費用をかけない方法も選択できますし、最も手軽な方法も選択できます。以前であれば、廃品回収など決まった方法しかありませんでしたが、近年は様々な方法があるので、利用者の選択肢が増えているのは嬉しいことではないでしょうか。
全て業者に依頼してしまえば、自分は何もすることなく、簡単に回収してもらえますし、リサイクルショップなどに売却出来れば、利益を得ることもできるのです。また、運搬など、自分である程度の作業を行うことでも処分費用を抑えることもできるのです。

TOPへ戻る

TOPへ戻る