口コミで選ぶ!激安処分、日時指定OK、安心丁寧の不用品回収業者人気ランキング

エリア別ランキング

粗大ごみ回収業者
人気ランキング

contents

粗大ごみを処分する様々な方法

人気の粗大ごみ回収業者

  • 片付けサポーター
  • チャレンジ
  • クリーンネットワーク
  • エコピット
  • 片付けエコデュース
  • マルケイ回収
  • 東京ライフパートナーズ
  • マックスパワー
  • ワンナップ
  • リサイクルBoy

粗大ごみ回収の費用は品目や回収業者によって異なる

粗大ごみ回収の費用は品目や回収業者によって異なる

不用品回収サービスを利用して不用品を処分しよう
・なかなか出せない粗大ごみ
日々のごみ出しだけでは、出すことのできないごみがどうしても溜まってしまうということもあるのではないでしょうか。特に粗大ごみなどは、日々のごみ出しでは出すことができませんし、地域での回収だと年に1、2回程度ですから、出し忘れてしまうと溜まってしまうことになります。集合住宅であれば、それほどでもないかもしれませんが、戸建ての住宅で、しかも物置があったりすれば、ついつい物置に溜まってしまうということもありがちです。
不用品の処分にはいろいろな方法があるのですが、一番手軽にできるのが不用品回収サービスということになります。民間の業者の行うサービスですから、それなりに費用はかかってしまいます。ですが、業者ごとにその費用もまちまちですから、複数の業者で見積もりを依頼して、安くて信頼できそうな業者を選べばよいのです。
・品目ごとに価格が決まっている
不用品回収では様々なものを回収してくれます。地方自治体による粗大ごみの回収では、特定のものに関しては回収を行ってくれないのですが、業者による回収では、ほとんどのものが回収可能となります。もちろん、回収には費用がかかるのですが、その回収するものごとに料金が決まっているのです。
そのため、回収を依頼する際は、事前に見積もりを行うことになります。その見積は出張見積もりで現地で見積もってくれるのですが、基本的に無料となっています。見積もりをして、実際に回収を依頼しなかったとしても、キャンセル料等は発生しないので安心して見積の依頼ができます。
但し、その回収費用は業者によって違いがあります。業者間の違いで安いものもあれば高いものもありますから、より費用をかけないようにするには、詳細な見積もりがあれば、品物ごとに比較して安いほうに回収を依頼すればよいということなります。ですが、違う業者で回収を2回してもらうことになるので面倒ということもありますから、一般的には安いほうに一括してお願いするというケースがほとんどではないでしょうか。
・買取も考えてみよう
不用品回収サービスでは基本として、ごみとして回収してもらうケースがほとんどです。ですが、不用品回収サービスを行っている業者の中にはリサイクルが可能なものに対しては、買取を行ってくれる場合もあります。その場合、回収費用から減額されることになります。そのため、買取金額が回収費用よりも大きくなった場合、回収してもらいながら、返金を受けるというケースも出てきます。
これは、回収サービスを行っている業者がリサイクルショップも運営していたり、提携していたりする場合によく見られます。ごみとして処分するよりは、売れるものは売ってしまえれば、業者としてもメリットがあるのですから。
また、返金がなかったとしても、回収費用が安くなるわけですから、お得ですよね。これを考えれば、買取も行っている業者を選ぶというのも選択肢の一つということになります。
・リサイクルショップ等での買取も考慮しよう
不用品の買取を考えた場合、回収業者だけでなく、リサイクルショップ等もその対象となります。基本的に中古で販売しているものであれば、どんなものでも買い取ってもらえるのですが、その品物の状態次第ということになります。
実際にかなり古いものであっても需要のあるものであれば、買取は可能ですが、古いものの場合、修理部品などもないということになり、メンテナンスができないため販売できないということもあります。リサイクルショップでは、買取後に清掃やメンテナンスを行ってから販売するのですが、そのメンテナンスができないとなると、販売ができないため、買取ができないのです。
また、汚れのひどいものなども基本的には買い取ってもらえません。いくら清掃しているといっても、汚れた品物を見て買いたいと思うでしょうか。需要がないということになりますから、買い取ってもらえないのです。
一部のプレミアムなものや、ビンテージ物の場合は、また異なる価値となるので、専門のショップ等で見積もってもらい買い取ってもらうのがよさそうです。単なる中古品としての価値と、ビンテージ、プレミアムの価値とでは、買い取ってもらえる金額には大きく違いが現れます。そもそも、ビンテージやプレミアムの価値のあるものを、そうそう不用品として処分することはないとは思いますけれど。
・お金をかけない不用品の処分
ごみ業者に依頼すれば、簡単に不用品の回収を行ってくれるのですが、どうしても費用がかかってしまいます。自分に代わって不用品を処分してくれるのですから、それは仕方がありません。ですが、不用品によっては自分で処分することで費用をかけなくて済ませることもできます。
地方自治体に持ち込んで引き取ってもらえばよいのです。もちろん、そこで引き取ってもらえないものもありますが、それらは専門のショップなどで回収してもらえますから、まず問題はありません。基本は、可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみ、粗大ごみに分類されますから、それぞれ地域のルールに合わせて処分すればよいのです。但し、粗大ごみの中には、回収したり引き取ってもらえないものもあります。長さの制限がある場合もあります。こういった場合、加工が可能であれば、解体したり切断したりすることで処分ができるようになるのです。
持ち込みができない場合、費用はかかりますが、回収のサービスをおこなっていますから、これを利用するのもよさそうです。ごみの処分に関しては自治体ごとにルールが違う場合も多いので、詳しくは自治体に問い合わせをしたり、ホームページで確認してみてください。

TOPへ戻る

TOPへ戻る